【ボードゲーム】ウォーチェスト 日本語版|紹介&レビュー

ボードゲーム紹介
スポンサーリンク

皆様こんにちは。つるけらです。

今回はバッグビルディングが楽しいゲーム『ウォーチェスト 日本語版』を紹介します!

チェスにデッキ構築を混ぜたようなゲームです。

つるけら
つるけら

2人戦が熱い!

こんな方におすすめ

  • 2人で出来て楽しいゲームを探してる
  • 将棋、チェスが好き
  • 袋から引くのが好き
スポンサーリンク

『ウォーチェスト 日本語版』ゲーム情報

 ゲームタイトル ウォーチェスト 日本語版
ゲームデザイナーTrevor Benjamin,David Thompson
プレイ人数 2人or4人
プレイ時間30~40 分
対象年齢14歳以上
販売元nostalgia長泉店

『ウォーチェスト 日本語版』ゲーム概要

プレイヤーはウォーチェストの世界の総司令官です。

戦いに勝利するため、戦場のユニットを操り勝利を目指します。

ゲームシステムは陣取りバッグビルドが採用されています。

毎ターンコインを1枚ずつ使用、無くなったら袋から引く、これを繰り返していきます。

使うコインにはそれぞれ固有能力があるので、これを活かして戦います。

『ウォーチェスト 日本語版』テーブル準備

(2人用の準備です)

プレイヤーは

  • 自陣営のバッグ
  • 4枚のユニットカードと対応したコイン
  • ロイヤルコイン
  • 占拠マーカー6つ

を受け取ります。

受け取ったコインは各2枚ずつと、ロイヤルコインをバッグに入れます。

これを初期デッキとして戦っていきます!

また、占拠マーカー2つはあらかじめボード上に置いておきます。

なので、プレイヤーは残り4か所の占拠を目指します

準備ができたら、コイントスで先攻後攻を決めます。

『ウォーチェスト 日本語版』ゲーム終了と勝利条件

決められた数の陣地が占拠されるとゲーム終了で、先に占拠したプレイヤーの勝利です

2人なら6か所、4人なら8か所の占拠を目指します。

『ウォーチェスト 日本語版』ルール説明

『ウォーチェスト』はラウンド制で、勝敗が決まるまでゲームが続きます

各ラウンドでは

  • ドローフェイズ
  • プレイフェイズ

を順番におこないます。

ドローフェイズ

お互い同時に袋からコインを3枚引きます。

これを手札として、プレイフェイズで交互に1枚ずつ使っていきます。

コインを使い切ると再び袋から引きます。

引く際に袋に入っているコインが2枚以下の場合、捨て場にあるコインを袋にいてよく混ぜます

この辺りはデッキ構築ゲームと同じ感じですね。

プレイフェイズ

コインを1枚ずつ使っていくのですが、大きく分けて3つの使い方があります。

  • 配置アクション
  • コインを表向きで捨てるアクション
  • コインを裏向きで捨てるアクション

それぞれ説明します。

配置アクション

このアクションでは、

  • ユニットの展開
  • ユニットの強化

がおこなえます。

展開

手札のコインを自陣営の占拠マーカーの上に置きます。

原則1種類につき1つしかコインは置けません。

強化

すでに置かれているコインの上に重ねます。

これはいわば体力みたいなものです。

ユニットが攻撃されたとき、ボードから取り除かれるのを防ぎます

コインを裏向きで捨てるアクション

このアクションでは、

  • 徴兵
  • 主導権の奪取
  • パス

をおこなえます。

徴兵

新しいコインを取ることができます。

取ったコインは一旦捨て札になるので、使えるのはシャッフルが入ってからです

徴兵でバッグ内の割合を偏らせて、狙ったものを引きやすくできます!

主導権の奪取

次ラウンドの先攻をとれます

逆にこのアクションをしないと後攻のままです。

すでに先攻の場合はできないので注意!

このアクションをいつするかが割と重要だったりします

自分が先攻と分かるようイニシアチブコイン(コイントスで使ったやつ)を手前に置いておきます。

パス

文字通りパスです。様子見ですね。

パスの使いどころが上手い=ウォーチェスが上手いと思っています。

ただ一手が大きいゲームなので、なかなか勇気が必要ですね・・・。

コインを表向きで捨てるアクション

ボード上のユニットを行動させられます。

ユニットの行動は

  • 移動
  • 占拠
  • 攻撃
  • 戦術

の4つがあります。

また行動させるには、ボード上のユニットと同じものを捨てる必要があります。

移動

ボード上のユニットを隣接する1マス移動させます。

すでにユニットが置かれている所には置けません。

占拠

ユニットが拠点上にいるとき、占拠マーカーを置きます。

すでに相手プレイヤーのマーカーがあった場合でも、それを返して自分のマーカーを置きます

終盤はこの返し合いが白熱します!

攻撃

隣接する相手ユニットに攻撃します。

攻撃されたユニットはゲームから取り除かれ、以降ゲームでは使用できません

なので、攻撃させるほど不利になっていきます。

ちなみに、強化されていると重なったコインのみ取り除くので、ボードに残り続けられます。

戦術

『ウォーチェスト』の醍醐味!

ユニットの固有能力を使えます

効果はホントに様々なのでここでは紹介しきれませんね・・・。

例をあげると、キャバルリーの戦術は「移動をおこなった後攻撃」です。

つまり2アクション分行動できます

状況に応じて各戦術を使いこなしていきましょう!


以上をおこなっていき、いち早く拠点を占拠していきましょう

『ウォーチェスト 日本語版』レビュー

2人であそぶゲームでは最高峰に面白いです!

4人ではまだ遊んでいません。

コインの質感が最高!

『ウォーチェスト』一番の特徴と言っていいでしょう。

ゲームで使うコインがとても高クオリティです。

実際に持ってみたら分かりますが、ずっしりと重量があります。

徴兵するたびに袋が重くなっていくのが何とも楽しいです!

『ウォーチェスト』は箱のサイズのわりに重く、持ち運ぶとき大変なのですが、それはこのコインのせいです笑

固有能力のおかげでリプレイ性が高い

16種類のユニットがあり、それぞれ固有効果を持っています。

しかもゲーム中に使うのは一部なので、毎回違った戦いになるでしょう。

なのでかなりリプレイ性が高いゲームと言えます。

ちなみに使うユニットはドラフトで決めるのがおすすめです!

戦略性の中にある若干の運要素が盛り上がる!

ぱっと見チェスのようなゲームですが、使うコインは袋から引く必要があります。

肝心なところで運任せみたいなところがあります。

「ここであのコインを引けば勝てる・・・」って場面で引けたらめちゃくちゃ盛り上がります笑

相手が持ってるコインも、裏向きでを置くことがあるので、完全に読み切ることはできません。

この辺りがチェスのような実力100%のゲームとは違うところです。

強いユニットランキング

16種類あるユニット。

どのユニットが強いか気になりませんか?

ということで個人的に強いと思うユニットを第3位から紹介します!

もちろん相性もありますが、今から選ぶユニットはどのゲームでも活躍してくれます

ドラフトでは積極的にとりましょう

第3位 アーチャー

遠距離攻撃です。

隣接せずに攻撃できるため、相手に対してかなり牽制ができます

逆に近づかれると攻撃できないので、つねに距離を保つ必要があります。

第2位 スカウト

自陣営の占拠マーカーじゃないところから展開できます。

いきなり拠点に置くなんて使い方もできます!

使いこなすには慣れが必要ですが、非常に強いユニットです!

第1位 ライトキャバルリー

単純な効果ですがそれゆえ強力!

油断しているとあっという間に占拠されていきます

ドラフトでは毎回1巡目に取られるため、1位にしました!

まとめ

  • チェスとデッキ構築を混ぜたようなゲーム性
  • 袋からじゃらじゃら引くのが楽しい!
  • リプレイ性が高め

以上が『ウォーチェスト』でした。

2人遊ぶボードゲームとしては最高峰の面白さです

長らく売り切れでしたが、再版がかかりましたのでぜひこの機会に遊んでみてください!

それではノシ

追記

「バーサーカー」にエラッタがあるので気になる方は交換してもらいましょう。

製造の関係で若干色合いが違うとのことですが、実際目を凝らして分かる程度の違いでした!

タイトルとURLをコピーしました