新・世界三大ボードゲームを考える

※当ブログはプロモーションを含みます。

新・世界三大ボードゲーム アイキャッチ
この記事は約20分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。つるけらです。(@tsurubodoge)

世界三大ボードゲームといえば

  • カタン
  • ドミニオン
  • カルカソンヌ

以上の3作品が挙げられます。

この中で一番新しい『ドミニオン』が登場したのが2008年、『カタン』『カルカソンヌ』に至っては20年以上前のゲームです。

昔から今も遊ばれている名作には間違いないですが、毎年のように面白いボードゲームが出ているのも事実。

そろそろより新しく登場した作品で世界三大ボードゲームを決めてもいいのではないでしょうか?

今回は新・世界三大ボードゲームについて考えます。

つるけら
つるけら

どのゲームが選ばれるか……

スポンサーリンク

世界3大ボードゲームの共通点を探す

共通点

まず現在言われている世界三大ボードゲームの共通点をざっと挙げていきます。

  • プレイ時間は30分~60分程度
  • 分かりやすいルール
  • 何らかの賞に選ばれている
  • 流通数が多い

プレイ時間は軽すぎず重すぎずが大事。なので30分〜60分程度のものが理想です。

1度プレイしたらすぐに覚えられる分かりやすいルールも大切です。複雑すぎるルールは人を選んでしまうので。

何らかの賞に選ばれていることは目に見える確かな実績として重要。賞に選ばれている=売れているのは間違いないです。

また流通数が多いことも見るべきポイント。面白いゲームだけど中々手に入らない……だと世界三大ボードゲームとは言えないでしょう。

このような共通点を踏まえつつ、『ドミニオン』より後に登場したゲーム(2009年〜)の中から新たな世界三大ボードゲームを決めていきます。

新・三大ボードゲームはこれだ!

以上の共通点から新・世界三大ボードゲームを選びました。

選ばれたゲームは以下の通り

  • 宝石の煌き
  • イッツアワンダフルワールド
  • アズール

それぞれ紹介します。

宝石の煌き

タイトル宝石の煌き
デザイナーMarc André
プレイ人数2~4人
プレイ時間約30分
対象年齢10歳以上
販売元ホビージャパン

宝石の煌き』は2014年に登場した拡大再生産ゲーム。

宝石トークンを獲得してそれを使ってカードを獲得……を繰り返し勝利点を取っていきます。

カードにはコスト軽減の効果があり、ゲームが進むにつれどんどん高コストのカードが獲得できるようになるのです。

まさに拡大再生産の面白さを抽出したようなゲーム内容

プレイヤーが手番にすることは

  • チップを獲る
  • カードを買う
  • カードを予約する

以上の3つから1つ選ぶだけなので非常にシンプル。

いかに効率よくカードを獲得するかがゲームの肝です。

拡張もありますが本作だけで完成され過ぎていて影は薄め。

2014年の「日本ボードゲーム 大賞」受賞。また同年「ドイツ年間ボードゲーム大賞」にノミネートしています。

イッツアワンダフルワールド

タイトルイッツアワンダフルワールド
デザイナーフレデリック・ゲラード
プレイ人数1~5人
プレイ時間30~60分
対象年齢14歳以上
販売元エンゲームズ

イッツアワンダフルワールド』は2019年に登場したドラフトゲーム。

配られた手札を1枚ずつ選んでいき、手元のカードの建設を進めていく……とスタンダードなドラフトゲームです。

同時進行のためダウンタイムが少なく非常サクサクとゲームが進みます

産出量ボーナスのおかげで、ドラフトゲームでは珍しく両隣プレイヤー以外とも若干のインタラクションがあります。

拡張を加えるとより戦略性が高いゲームに。特に『荒廃と隆盛』は本作にハマったなら買って間違いありません。

2020年に「日本ボードゲーム大賞」2021年に「オランダゲーム賞2021」を受賞しています。

アズール

タイトルアズール
デザイナーMichael Kiesling
プレイ人数2~4人
プレイ時間30~45分
対象年齢8歳以上
販売元ホビージャパン

『アズール』は2018年に登場したタイル配置ゲーム。

タイル職人として自身のボードにタイルを配置していき得点を稼ぎます。

まずコンポーネントのキレイさに目が惹かれます。写真映えの良さは十分。

ただキレイな見た目に反してゲーム内容はかなりシビア。

タイルを獲得しそれを配置することで得点になるのですが、タイルが一定の数を超えると失点してしまいます

そしてタイルは順番に取っていくため、欲しくないタイルを取らされてしまうこともあるのです。

自身のボードと同じくらい他プレイヤーのボードを見ることが大事

このようにインタラクション性が非常に高いです。

登場した2018年に「ドイツ年間ゲーム大賞」と「ドイツゲーム賞」ダブル受賞を成し遂げています。

まとめ

近代版世界三大ボードゲーム まとめ
  • 宝石の煌き
  • イッツアワンダフルワールド
  • アズール

以上新・世界三大ボードゲームを考えました。

個人的にはかなり良い線を選べたのではないかと思っています。

どれも間違いなく楽しめるゲームなのでぜひプレイしてみてください。

それではノシ

現世界三大ボードゲームはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました