【ボードゲーム】ドミニオン 第二版|紹介&レビュー

ボードゲーム紹介
スポンサーリンク

こんにちは。つるけらです。(@tsurubodoge)

今回は『ドミニオン 第二版』を紹介します。

デッキ構築ゲームの元祖と言われ、いまもドミニオンを参考にしたボードゲームが多く出てます。

つるけら
つるけら

わたしがボードゲームにハマるきっかけになったゲームです

こんな方におすすめ

  • 飽きずに何度も遊べるゲームが欲しい
  • デッキ構築ゲームが好き
  • 自分の領土を広げていきたい!
スポンサーリンク

『ドミニオン』情報

ゲームタイトルドミニオン 日本語版 第二版
ゲームデザイナードナルド X. ヴァッカリーノ
プレイ人数2~4
プレイ時間約30分
対象年齢8歳以上
販売元ホビージャパン

『ドミニオン』概要

プレイヤーは中世欧州の小王国の領主となり、自分の領土をどんどん広げていくます。

初めは小さな領土と少しのお金しかありませんが、お金で仲間を集めていき、大きな発展を目指します。

ゲームシステムにはデッキ構築が採用されてます。

カードを集めていき、初めは弱い自分のデッキを徐々に強くしていきます

『ドミニオン』テーブル準備

各プレイヤーに銅貨7枚屋敷3枚を配り、テーブル上にゲーム中に使うカードを並べていきます。

並べるカードは、共通カード(全ゲームで使用する)王国カード(ゲーム毎に入れ替える)です。

全部合わせてサプライと呼びます。

あとは廃棄置き場のボードを置いて準備完了です。

写真の並べ方は一例ですので、テーブルの形によって見やすいように並べてください。

ゲーム終了と勝利条件

属州が全て取られる、または並べられたカードが3種類無くなるとゲーム終了で、点数が一番高い人が勝利です。

『ドミニオン』ルール説明

プレイヤーは自分の手番に、3つのフェイズを順番に行います。

  • Action:アクションフェイズ
  • Buy:購入フェイズ
  • Cleanup:クリーンアップフェイズ

自分の手番にはA,B,Cの順番に行うと考えると覚えやすいです。

それぞれのフェイズを説明します。

Aアクションフェイズ

手札にあるアクションカードを1枚使用できます。カードテキストに従って行動します。

B購入フェイズ

手札にある財宝カードを使って、その合計金額以下のカードを1枚購入します。

基本的には場に並んでいるカードならば、何でも購入できます。

購入したカードは手札には加えず、一旦捨て札にしますので、ここだけ注意です。

Cクリーンアップフェイズ

このターンで使用したアクションカードや財宝カード、手札を捨て札にし、山札から5枚引きます

山札が5枚より少ない場合は、捨て札をシャッフルし、それを山札として再びカードが引けるようにします。

つまり、このタイミングで購入したカードが使えるというわけですね。

『ドミニオン』レビュー

これまで何度もあそんでおり、2~4人それぞれやってます。

毎回変わるカードのラインナップ

場に並べられる10種類の王国カードがゲーム毎に変わるので、毎回違う戦略をとることができ、飽きが来ません。

今回紹介した『ドミニオン 第二版』だけでも26種類のカードがあるので、長く遊ぶことが出来ます。

カードの組み合わせによっては、前回強かったカードが弱かったり、逆に誰も買わなかったカードが大きな活躍をしたりすることも!

そこも面白いと感じる理由です。

どんどん強くなる自分のデッキ

初めは銅貨7枚と屋敷3枚のみという何とも心もとないデッキが渡されます。

そこからゲームを進める毎に購入したカードがデッキに入っていき、徐々に強いデッキになっていきます

使用する王国カードを一通り見て、強いであろうデッキを考えながらカードを購入していき、それが上手くいった瞬間は最高ですね。

比較的シンプルなルール

カードテキストが多いので、一見複雑そうに見えますが、自分のターンにすることは

  • Action:アクションカードの使用
  • Buy:カードの購入
  • Clean up:使用したカード、手札を捨て札に置き山札から5枚引く

この3つで決まっているので、流れさえすればサクサクとゲームが進みます。

勝つためには勝利点カードを集めるという分かりやすい目的もあるので、ボードゲームをほとんどしたことがない方にもお勧めできます。

1ターンの長さ

初めはサクサク進むのですが、後半になりアクションカードが連鎖していくと、1ターンが長くなる事があります。

ドミニオンは基本的に自分のターンしか動かないため、相手ターンが長かったとしてもじっと待ってる必要があります。

2人でするならそこまで問題ありませんが、ドミニオンは4人まで遊べます。

なので4人だと中々自分のターンが回ってこない印象があります。

お気に入りカード3選

26種類ある王国カードの中で、サプライにこのカードがあれば必ず購入するほど、私が特に気に入っている王国カードを3枚紹介します。

金貸し

4コスト アクション
手札から銅貨1枚を廃棄するのと引き換えに+3金得てもよい。

デッキを強くするためにいち早く捨てたい銅貨を廃棄でき、さらに3金貰えます。

デッキ構築に大きく役立ってくれるでしょう。

銅貨の廃棄しすぎには注意です。

衛兵

5コスト アクション
+1カードを引く +1アクション
デッキの上から2枚のカードを見て、その中から好きな枚数を廃棄し、好きな枚数を捨て札にする、残ったカードを好きな順番でデッキに戻す。

長いテキストですが、要するに2枚カードをめくり、そのカードを廃棄か捨て札がそのままかを選べます。

デッキの中に残したくなければ廃棄、必要だけど今はいらなければ捨て札、次のターン使いたければそのままデッキに戻せます。

さらに「衛兵」自体に+1アクションがついているので、連続で「衛兵」を使うことで、どんどん自分のデッキを洗練させていけます

デッキの潤滑油として大きく活躍します。

魔女

5コスト アクション-アタック
+2カードを引く
他のプレイヤーは全員、呪いを1枚獲得する。

カードを2枚引きつつ、他のプレイヤーに呪いを撒きます。

※呪いとは:持っていると点数ががマイナス1点されるカード。デッキにあっても良いことないので、真っ先に廃棄しましょう。

『ドミニオン 第2版』では唯一の呪いを撒くカードです。

私自身他のプレイヤーを妨害するカードが大好きなのですが、「魔女」は時の妨害の影響が凄まじく、真っ先に購入に走ります。

もちろん他のプレイヤーも同じように魔女を購入するので、皆のデッキが呪いまみれになり、泥仕合になることも多々あります笑

『ドミニオン』まとめ

数々のゲーム大賞を受賞しているのは伊達ではなく、長く遊べる良いゲームです。

多くの拡張も発売されているので、比喩ではなく本当に一生遊べるのではないでしょうか。

デッキ構築をしてみたいならぜひ遊んでみてください!

あとシャッフルを繰り返すゲームなので、事前にスリーブに入れておきましょう

それではノシ

タイトルとURLをコピーしました