【2023まとめ】待ち時間がすくない!同時進行のボードゲーム5選

まとめ記事
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。つるけらです。(@tsurubodoge)

ボードゲームに置ける待ち時間はダレる原因になりがち。

特にプレイ人数が多くなると中々手番が回ってこず暇な時間を過ごすことに……

そんなときでも快適に遊べるのが同時進行のボードゲーム。

今回は待ち時間が少なくて済む同時進行のボードゲームを紹介します。

つるけら
つるけら

つねに手を動かし続ける

こんな方におすすめ
  • 待ち時間がキライ
  • 4人以上で集まることが多い
  • サクサクプレイしたい
スポンサーリンク

ファクトリア

ファクトリア
タイトルFACTORIA ファクトリア
デザイナー赤瀬よぐ
プレイ人数2~6人
プレイ時間45分
対象年齢10歳以上
販売元サニーバード

プレイヤーはスチームパンクな世界を舞台に、伝説の歯車-レジェンダリーギア-の入手を目指します。

そのために工場を動かして技術を発達させお金を稼ぐのです。

ゲームジャンルは拡大再生産リソースマネジメントバッティング

バッティングしてもメリットがある部分に遊びやすさを感じます。

チュートリアルブックが付属しており、開封してすぐプレイできるのも魅力的。

テラフォーミング・マーズ・カードゲーム: アレス・エクスペディション

アレス・エクスペディション
タイトルテラフォーミング・マーズ・カードゲーム:アレス・エクスペディション
デザイナーJacob Fryxelius, Nick Little, Sydney Engelstein
プレイ人数1~4人
プレイ時間60分
対象年齢14歳以上
販売元アークライトゲームス

大人気ボードゲーム『テラフォーミング・マーズ』がカード版になって登場。

プレイヤーは火星開拓プロジェクトに参加する企業となり、火星開拓を進めていきます。

開拓に貢献するたびにあがる地球化指数をどんどんあげていき、勝利を目指すのです。

ゲームジャンルは拡大再生産。システムはバリアブルフェーズオーダーが採用されています。

カード枚数が多く非常にリプレイ性高し

レース・フォー・ザ・ギャラクシー

タイトルレース・フォー・ザ・ギャラクシー
デザイナーTom Lehmann
プレイ人数2-4人
プレイ時間約30-60分
対象年齢12歳以上
販売元ホビージャパン

メジャーな同時進行ゲームといえばこれ!

自身がおこないたいフェイズカードをだし、選ばれたフェイズを同時進行でやっていきます。

カード効果がほとんどアイコン表記のため慣れが必要ですが、慣れると1プレイ20分ほどで終わります。

世界の七不思議(7 Wonders)

ゲームタイトル7WONDERS 世界の七不思議
デザイナーアントワーヌ・ボウザ
プレイ人数3~7人
プレイ時間30分
対象年齢10歳以上
販売元ホビージャパン

プレイヤーは大都市の指導者として、自らの都市の発展を目指します。

3ラウンドに渡り、配られたカードを回してより高い得点を目指すのです。

ジャンルはドラフト拡大再生産。最大7人でプレイできるのが魅力的。

効果がすべてアイコン表記、カードコンボありと慣れが必要なゲームです。

カードをすべて覚えてからが本番といわれるほど。他プレイヤーとの干渉要素もあり。

次に紹介する「イッツアワンダフルワールド」とは好みが分かれます。

イッツアワンダフルワールド

タイトルイッツアワンダフルワールド
デザイナーFrédéric Guérard
プレイ人数1~5人
プレイ時間45分
対象年齢14歳以上
販売元engames

プレイヤーは拡大を続ける帝国の指導者となり、誰よりも速やかかつ優れた発展を目指す。

4ラウンドに渡るドラフトゲームで、カードの構築と資源のやりくりを駆使し得点を伸ばします。

ゲームジャンルはドラフト拡大再生産です。

個人的に3~4人でサクッとプレイするとなったらコレ一択。

『世界の七不思議』とは好みが分かれます。

まとめ

まとめ

以上「待ち時間が少ない同時進行のボードゲーム」でした。参考になりましたか?

今回紹介したボードゲームは

  • ファクトリア
  • テラフォーミング・マーズ・カードゲーム: アレス・エクスペディション
  • レース・フォー・ザ・ギャラクシー
  • 世界の七不思議
  • イッツアワンダフルワールド

以上の5つです。

同時進行はつねに手を動かす忙しさがありますが、その分濃密な時間を過ごせます。

濃いボードゲーム時間を送りたいときはぜひおすすめ。

それではノシ

タイトルとURLをコピーしました